外したくない!いい婚約指輪を選ぶには?

日常生活を過ごす上で妨げにならない婚約指輪を選ぶ。

婚約指輪は、結婚が決まって結納などの際に男性が女性に対して贈ることが多いですが、その婚約指輪のデザインもさまざまです。 せっかく高価な婚約指輪をタンスにしまっておくのはもったいない、というならば普段から身に着けやすいデザインのものにするといいと思われます。 婚約指輪にはさまざまなデザインのものがありますが、普段使いができそうな爪のないデザインのものを選ぶのがいいと思われます。 爪がないことで、家事をしようとするときに引っかかることもないですし、育児中に子どもを傷つけてしまったりする危険性もないです。 また、指輪の全周にダイヤモンドを入れたエタニティリングも近年は婚約指輪として贈られるようになってきましたが、これも爪のないデザインも多くあり、同じく日常生活をしていて妨げのないデザインになっています。

結婚指輪とセットになった婚約指輪を選ぶ。

婚約指輪は、そのデザインゆえに日常は身につけない人も多いですが、結婚指輪なら普段から身につけているという人がほとんどだと思います。 婚約指輪は結婚指輪ど同時に購入することも多いので、そのようなことも考えて婚約指輪と結婚指輪を重ねて身につけられるようなデザインの指輪も多く販売されています。 このタイプの婚約指輪は普段から身につけておくというのが前提なので爪がなかったり、結婚指輪と同じ指につけても違和感のないようなデザインになっています。 このように、婚約指輪にはさまざまなデザインがあるので、普段から身に着けたい!と希望しているなら、お店の店員や婚約者と相談の上、自分の希望や予算にかなったお気に入りの婚約指輪を探しましょう。